芳賀 赤十字病院移転新築工事(建築主体工事)

芳賀 赤十字病院移転新築工事(建築主体工事)

栃木県の中核病院である芳賀赤十字病院は、真岡市田町にあった既存の建物が、老朽化により建替えの必要性が発生したため、区画整理事業を行っていた中郷・萩田土地区画整理地内に移転することとなりました。
この工事は、大成建設、中村土建、増山工業の3社による特定建設工事共同企業体(特定JV)による施工を行ったものです。
また、電気設備工事、機械設備工事が、別途発注となり、多くの企業がこの建設工事に携わり、23ヶ月をかけて完成させ、平成31年4月に開院いたしました。

工事データ

工事番号1646
工種建築工事
工事名芳賀 赤十字病院移転新築工事(建築主体工事)
工事個所栃木県真岡市中郷萩田地区内
発注者日本赤十字社
工期H29.2.8~H30.12.7
請負金額¥8,607,600,000(税込み)(JV構成比10%)
工事概要

病院本館
鉄骨造 基礎免震構造 地上6階 新築
建築面積 7,369.30㎡  延べ面積 29541.34㎡
ベット数 364床
付属棟 倉庫、車庫ほか

Photo Gallery

1646_02
1646_03
1646_04
1646_05
1646_06

芳賀 赤十字病院移転新築工事(建築主体工事)